奇跡に満ちた新年山行【丹沢・大野山(723m)】

画像


今年の初登山は1/3にソロで筑波山でしたが、翌1/4は丹沢山系の西端に位置する【大野山】へ

今回メンバーはJ君とkarake

もうひとりの富士見隊隊員ヤス君はこの日からお仕事というわけで帰りに寄るねって算段

小田急線新松田駅で集合だったのですが・・・その前に奇跡的な出来事が

karakeは代々木上原で小田急線急行に乗り換え座れたので、新松田駅までの1時間半余りの乗車中はほぼ爆睡

座席に座った時に両隣に居た人は見知らぬ男性たちでその後、何度か入れ替わったようです

乗り過ごしてはならぬとスマホのアラームなどもセットしていましたが

伊勢原駅辺りで目が覚め、手袋をしていた手が暑すぎたので指先のない手袋に変えようと

ザックをゴソゴソ

・・・とその直後、左隣の男性が『karakeさん?』と声をかけてきた

(小田急線沿線には同級生がたくさん住んでいるけど・・・)

(ここでワタシをkarakeと呼ぶ人って・・・誰なんだ?)(声でも気づかないワタシ(苦笑))

とちょっとパニくって横を見たら・・・J君でした(笑)

J君もその席に座った際に隣の女がkarakeだとは全く気がついてなかったそうでビックリぽん(笑)

ふたり共、同じ電車に乗る予定はなく、私は運よく乗る予定より1本早い電車に乗ったし

J君は町田市在住で近いので、少し早めに行くかって感じだったそう

それにしても、まず10両編成の列車で同じ車両に乗り合わせることだけでもかなりの低確率

ましてや、隣に座ってたなんて(笑)

でもたぶん、J君が気づいてくれなかったらずっと気が付かなかったかも(笑)

『ボ~と生きてんじゃねぇよ』とチコちゃんに叱られる的な奇跡からこの山行は始ったのでした(笑)

画像

前説が長くなりましたが

新松田駅から御殿場線に乗換え、【谷峨(やが)駅】へ

御殿場線は神奈川県の【国府津駅】から静岡の【沼津駅】間を走っている電車ですが、

皆さんどちらへおいでなのか?松田駅から乗車した車内はかなり混んでいました

駅からも車窓からも富士山がBeautiful

丸岳の時よりいい感じじゃない?

画像

9時 谷峨駅をスタート

30分ほどは車道歩き

画像

神奈川の古道50選に選ばれているとか

山道に入るまでは平坦なアスファルト道で歩き易く

ハイカーもまばらで、左手にはずっと富士山を望めていい感じです

画像


画像

随所にこんな可愛いオブジェが道案内をしてくれます

何でも1本の樹をチェーンソーで削って造ったものなのだとか

終点の山北駅までに何体もあって、その全てを写真に撮ろうとしていたんですが・・・

山北駅手前でカメラのバッテリーが切れてしまった

画像


途中の休憩所には無人販売があり

発砲ケースの中を覗いてみたら、漬物やらジャムやらいろんな物がありました

みかん5個で100円也

画像


大野山は大野山牧場と呼ばれて、山頂付近は牧場だそうで

ちょっとした樹林帯を抜けるとこのような樹のない開けた道

地図には夏はヤブマムシに注意と書かれてます

ヤブマムシって何だ

画像


それにしても、登るにつれて全貌を望める富士山は感動的で

この日はさほど風も強くなく穏やかな晴天だったにもかかわらず、

雲ひとつかからない富士山を望めたのは本日第2の奇跡ですね


画像

山頂に誰かいるかな(笑)と30倍ズームで

人は居ないようだけど・・・

右よりの山頂から中腹にかけて、ジグザグな線が

わかります?(クリック、クリックで多少大きくなります)

夏道の登山道でしょうか?

画像

やがて道は仙石原を思わせるようなススキヶ原に突入

画像


昨夜、BSでグレートトラバースの田中陽季さんが立山・劔に登ってる番組を見てて

ふつふつとまた剱岳に登りたいな・・・なんて思ってましたが(笑)

こんなゆる~い まったりと時間の流れる低山もしみじみいいなぁと感じるこの頃です

険しくとも、易しくとも 山には普段の生活では感じ得ない魅力がいっぱい詰まっているってことだよね



画像

谷峨駅から2時間(11:10)ほどで山頂です


画像

40分ほど昼食休憩

大野山の山頂はだだっ広く

屋根付きの東屋や水洗トイレもあります

その割に登山者で溢れ返る感じではなく

画像


画像


11:45 下山開始

地蔵岩コースを辿り山北駅まで山と高原地図のコースタイムは約2時間

ちょっと急げば12時台(12:57?)の電車に乗れるか?

それを逃すと14:08までダイヤがないってことだから

ちょっと飛ばして、NHK大河ドラマ「いだ天」級の早さだとJ君に言われたが・・・(笑)

全然無理でした(苦笑)

画像


地蔵岩コースからはほとんど富士山は見えないのですが

車道に出て、この日最後の富士山をば

午後になっても秀麗なお姿を見ることができました

画像

山北町はお茶の産地のようです


13:30 山北駅にとうちゃこ


活動距離:10.4km

消費カロリー:1480kcal

高低差:618m

累計標高上り/下り:582m/644m

(以上、YAMAPデータによる)



次の電車の待ち時間が40分ほどあったので、

駅付近の昭和な雰囲気の食堂で軽くビールとギョーザで乾杯


画像


15時過ぎにヤス君の店【一心庵】に到着

蕎麦湯割りで乾杯

毎度、蕎麦焼酎はボトルをキープするつもりでタグに名前も記入してるのに・・・

全部飲みきってしまいキープに至ったことのない我々でした

割合的には、J:7/karake:3 くらいだよね~

定期的に食べたくなるヤス君の絶品蕎麦&天麩羅

今年は新年早々に食べることが出来て、いい年になりそうです


画像


一心庵からの帰りはいつも小田原から新宿までロマンスカー

今回も店を出てからスマホで直近で乗れるロマンスカーを調べてネット予約

「今朝、新型のロマンスカー初めて見たよ~」などと話題にもしてましたが

第3の奇跡が(笑)

型式など調べて予約したわけではないのに・・・やってきたロマンスカーが新型でした


編集のプロJ君のブログ記事はこちら


というわけで、奇跡に満ちた新年山行でしたが

ここで運を使い果たしたのかなぁ・・・(笑)


この日は大発会

今年こそは【karakeの花鳥風月山話】に改名して
などと思っておりましたが、厳しいスタートですので改名はやめときます(笑)
画像



今年も細々と、ブログを続けていく所存でございますので(笑)

ブロ友の皆さま 本年もどうぞ宜しくお願いいたします



"奇跡に満ちた新年山行【丹沢・大野山(723m)】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント