5年ぶりの海外旅行⑦【ノルブリンカ宮殿】

9/4 PM~


お尻注射と点滴と酸素吸入で高山病症状から脱することが出来たので午後からは、ツアーに合流


6.jpg


この日はラサ市内で一番メインの観光地を巡る日で世界遺産に登録されている3つの寺院を拝観するはずが・・・


午前中のポタラ宮殿(↑写真)と巡礼の聖地・ジョカン寺は残念ながら見ることが出来ず


7.jpg

午後からはダライ・ラマの離宮【ノルブリンカ宮殿】へ


すでに空港で入国が許可されたにも関わらず、観光の際にも随所でパスポートの提示&手荷物検査を強いられるのはビックリ!


8.jpg


この宮殿は歴代のダライ・ラマが夏の間過ごした離宮で2001年に世界遺産に登録されたところ。


中にはいくつもの宮殿があって、とても広くすべての建物を見て周ると一日かかるそうなので、我々はガイドがお薦めする4箇所くらいを拝観


ちょうどこの日は年に一度の夏のお祭り期間で、チベット族だけでなく世界中から人々が集まって、広場にシートを広げ祭りを楽しむ


お花見シーズンの上野公園のような感じ(笑)


9.jpg

チベットオペラと呼ばれるチベット民族の歌と踊りもこの祭りの時に見ることが出来る貴重なものだとか



10.jpg



11.jpg

女性たちは民族衣装でお洒落しています


12.jpg

この宮殿は一番新しいものだそうで、内部には大壁画があります

何年経っても色褪せない特殊な染料で描かれているそうで、見事でした


13.jpg


14.jpg
チベットでは日本車が人気だそうです
特にトヨタ車が一番人気で、市内ではPRADOが結構いっぱい走っています!!
車以外は時代遅れ感が随所に感じられるのに、車だけは高級車に乗っているって・・・?不思議な感じでした(笑)


ノルブリンカ宮殿内を約2時間ほど観光してこの日の行程は終了 ホテルに戻りました


この日の夕食はホテルから徒歩数分のレストランでチベット料理

15.jpg
まずは気になっていたバター茶をいただきました

チベット旅行のガイドブックにチベットのグルメとして紹介されていたバター茶

ヤクの乳から作ったバターを入れたお茶。
鼻に抜けるような酸味がうまい。
チベットは茶の栽培に適さないので、元になる茶葉のほとんどは四川省や雲南省で作られたもの。
チベット族の人々はこのバター茶を一日平均50~60杯飲むといわれる。

イメージではあまり美味しそうではないと思っていましたが、美味しかったです。
私的にはたいへん気に入りました(笑) この旅中で、一番美味しかった飲食物かも知れません(笑)
バターというと濃厚な感じですが、意外にサッパリしていて塩味で甘くないところが気に入りました

器はこのような木の器で飲むのが一般的で、女性は小ぶりな器。男性は女性のより一回り大きな器で飲むそうです。


16.jpg
毎度、昼食ても夕食でも食べきれないほどの料理が6~7種類ほど出され、ワタシはパクチー以外は嫌いなものはないんで一応すべて食べてみたのですが、特に不味いものもなければ、抜群に美味しいものもなく(苦笑)

ラサに滞在中の5日間はやはり高度のせいか食欲はなかったです

この夜から、元気な人たちはアルコール解禁となり、数人ビールを飲んでいましたが、私とYっちはまだ禁酒
・・・というより、まだ全くアルコールを飲みたい気分にはなれてませんでした

他の参加者はワタシの倍くらいは食べていたので、私はやはり修行が足りない(苦笑)
どこにいてもモリモリ食べられることが元気の源だよなぁと、みんなを見ていてつくづく感じた次第



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月14日 15:27
おお、やっと海外旅行記らしくなってきましたね(^^♪
バター茶!わたしも興味津々です。
お茶にバターを入れても油滴が浮くだけで濁りませんが、こんな色になるということはたんぱく質もはいっているのかなあ?
5~60杯も飲むということは、チベットの人たちのエネルギー源なのでしょうね
わたしもコーヒー、日に7~8杯飲むし^^

お知りにチクンとした人は、女医さんなんですよね(^_-)-☆
大皿の黄色いお饅頭の中は、何か入っているのかなあ?
…やはり食べ物にしか興味が湧かないちいかめでした
karake
2019年09月16日 20:01
ちいかめさん
コメントありがとう。
バター茶は不思議な飲み物でした
出来れば作り方も見たかったですが、この日の夕食の時にしかバター茶は出て来ませんでした。
参加者の中には不味いと言ってほとんど飲まなかった人もいたので、好き嫌いは分かれる味かも知れません。
やはり、高所では脂肪分を体内に蓄えないと生きていけない気がしますので、バター茶は貴重なエネルギー源がと思います。

お尻に注射が女医で良かったです(笑)
黄色いお饅頭の中身は肉まんの中身のようなものです。
yoppy702
2019年09月23日 17:41
観光の際にも随所でパスポートの提示&手荷物検査があるんですか!
この国の特色なんかなぁ…
それとも、karake御一行が不審人物?(^^ゞ
二ヵ所は観光出来なくても、ダライ・ラマの離宮は行けて良かったですね。
人生初点滴、お尻注射、酸素のお蔭や。

「お花見シーズンの上野公園のような感じ」
ナルホド。 (^^)
チベット民族の歌と踊りがイイですね。

バター茶って聞いた事があります。
多分、TVで見たんやと思うけど…
一日平均50~60杯!\(◎o◎)/
一日8時間寝るとして、60杯やと、16分に一回飲んでる事になる!
…これだけで、カロリー補給出来そうや。(^^ゞ

その後からは、秘密のメッセージ?
って、そんな内容とちゃうかったなぁ。(^^)
黒バックで、文字が黒のようやから、反転させて読みました。(^^)
karakeさんは、男性用の器やったんですね。
kaakeさんでも修行が足りない?
イエイエ、修行を積んだからこそ、カスミだけで生きれるようになったんですよ。(^^)

☆☆☆ 忙しいでしょうから、コメ返は、「番外編」で、一行だけでイイですよ。(^^) ☆☆☆
karake
2019年09月26日 15:14
yoppy702さん
コメントありがとうございます。

観光の際にも随所でパスポートの提示&手荷物検査がある国があることを今回初めて知ったわけですが、海外旅行慣れしている他のメンバーたちも驚いていたので、特別かと思います。
決して私たちが不審人物なわけではありましぇん(爆)
それにしても、ラサの街の中で3ヶ所も世界遺産があるのは、やはり
国としてはとても魅力的なのに中国に支配されてしまって可哀そうな感じのチベット自治区です。
純粋にチベット人の血を受け継いでチベットで生まれチベットで育っても子供たちはチベット語より中国語を話せないと将来就職ができないそうで、そうなると文花の継承も難しいものになりそうですよね。

バター茶って聞くとちょっとクセがあってしつこい感じがしますが、意外にさっぱりしていて何杯でも飲める感じです。
50~60杯には数字だけみてビックリでしたが、器が小さいので1杯は
50CCくらいしかないのですよ(笑)
カロリーはあるでしょうね、ヤクの乳で作ったバターですから。
でも、チベットの人にすごく太った人が見当たらず、皆さんスリムでしたので、それだけ飲んでも高地にいるってだけでカロリー消費され太らないのかも知れません。それはいいなぁ(笑)
yoppyさんはよりガリガリ君になってしまうので住めませんね(笑)

霞は食べたことありません(怒)
山ちゃん
2019年10月17日 17:35
ポタラ宮殿は良く聞いたことありますね。
ダライラマはもっとね。
西洋ではローマ法王みたいな人ですね。
バター茶は、私の印象ではモンゴルのテントの中で
飲むお茶って感じがしていましたね。
お茶とヨーグルトを混ぜた味かな。
お茶はこの国では採れないんだね。
やっぱり世界は広いね。
お寺の風景とトヨタのプラドね。
アンバランスが良いね。
でも、日本の自動車の丈夫さと信頼の証ですね。
karake
2019年10月21日 12:27
山ちゃん
毎度のコメントありがとうございます。
ポタラ宮殿・・・チベットを代表する寺院なのに、高山病で拝観出来ずに残念でした(涙)
ラサの最終日にはライトアップしたポタラ宮殿を見に行くという行程もあったんですが、その日の日中に車酔いでゲッソリ疲れてしまっていたので、ライトアップも却下して早々にホテルに戻りました。
バター茶はお茶とヨーグルトっていうより、バターに塩を混ぜた感じ(?)かな(笑)酸味があるって聞いていたんですが、酸味はそれほど感じませんでしたよ。お茶の味もよくわからなく油っこくないバター風味の飲み物って感じかな?
モンゴルやネパールのテントで飲むのはチャイっていうミルクティーのような飲み物ですね。
チベットでは飲み物っていったら、バター茶かミルクティーだそうで、コーヒーや紅茶は朝食のバイキングにも揃ってなかったです。

お茶は標高の高い地域では栽培出来ないようだね。

日本車はどこの国でも人気ですね。性能がいいですからね。
フィンランドでも日本車は高級車として人気だとガイドさんが言ってました。
余談ですが、私のアトレーちゃんは先日走行距離24万kmを超えましたよ。あちらこちら不具合は発生して、先日はプラグの交換などしましたが、大きな不具合はなく元気に走ってくれてます。
これも高性能な日本車ならではですね。