5年ぶりの海外旅行⑤【ラサ初日】

9/3(火)

夜中2度、目が覚めてトイレへ

その度に現在の標高を見たが、4750mとか4830mとか数字だけ見てもピンと来ない(笑)

実際、列車内は飛行機同様に気圧が一定に保たれているので5000m地点を走っていたとしても3000m程度の気圧


1.jpg


だから、まずこの列車内で高山病になることはないはずだが・・・・


明け方目覚めたら、頭がちょっと痛かった


同室の添乗員さんに頭痛を告げ、パルスオキシメーター(血中酸素飽和度を測る機器)で測ってもらったら70%台だった


標高3000mでは、おおよそ80%以上であれば酸素吸入なしでもOKらしい


酸素を吸入すれば楽になるのが高山病だが、一度酸素吸入してしまうと吸わないといられなくなるので、我慢できるなら吸わないほがいいらしいが


朝食の時間になるころには頭痛に加えて食欲不振、尿が出ないという症状にまでなってしまったため酸素をいただくことに(苦笑)


2.jpg

↑ 全く食べられなかった朝食(苦笑)


かろうじて、おかゆを二口くらい


この時点で高山病症状を訴えていたのはワタシだけだったのに、Yっちも「酸素吸ってみた~い」と


ふたりだけが酸素を吸引することに


思えば、ワタシはこの時から完璧に高山病だったが、Yっちは頭も痛くないのにここで酸素を吸ったのが翌日高山病になった要因じゃないのか?と思う(苦笑)


3.jpg


酸素は10分吸って様子を見て、改善されなかったらまた10分という具合で吸うが


私は最初の10分でかなり改善された


そんなこんなで無事にラサ駅に到着

開放的なとても広~いホームが圧巻です!


4.jpg
この先、写真撮影はとても厳しく

撮っていい場所とダメな場所があったりします

軍人さんが駅前で見張っていて、うっかり軍人さんや警察車両などを撮影しようものなら、銃を抱えたまま飛んで来るそう

そして、撮った画像は全部チェックされ、没収されることもあるとか

列車に乗るさいに荷物チェックもパスポートの提示も済ませているのに、列車を降りる際にもまたパスポートをガイドさんがまとめて回収し、

チェックを受けに行くという、信じられない厳しさです

この国では、この先々の観光地でもパスポートの提示・手荷物検査は必須でした



ラサのホテルに行く前に市内のレストランで昼食7.jpg
朝食は食べられなかったけれど、ここではちゃんと食べることが出来て安心してたんだけどね



8.jpg



9.jpg

そうそう、青蔵列車の中で日本円を中国元に両替

日本円1万円 = 600元


物価が安いのは良かった(笑) 8日間、土産も含めて600元で充分でクレジットカードを使うこともなくでした


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

デミ
2019年09月10日 20:44
きっと、使いすぎるなぁ~ 段々お金の値打ちが解かんなくなる
なんでも、お買い得と感じるよっ
要注意・・・
karake
2019年09月16日 19:51
デミさん

コメントありがとう。
予想に反して、全く使いませんでしたよ
物価は安くて100円程度のチップで喜ぶ現地の人達にビックリしましたが、買いたいと思うものがまず無かったので1万円で8日間。ホントは5000円でも良かったかもですが・・・(笑)

>
>きっと、使いすぎるなぁ~ 段々お金の値打ちが解かんなくなる
>なんでも、お買い得と感じるよっ
>要注意・・・
yoppy702
2019年09月23日 17:37
SpO2が70%台やったんですか!!!!!!!
メッチャヤバイ状態やったんや!!!!!!!
健康な方で、90%台後半が目安とか言われてるから、信じられない値ですね。
標高3000mで80%以上で酸素吸入なしでOKとしても、登山中に80%ちょいやったら高山病やん。
軽くても、高山病の苦しさは経験してま~す。(^^ゞ
で、尿も出なくなった…
ホンマ、ムッチャヤバかったんや。(^^)

朝食はダメでも、昼食は食べれるまでに復活したんですね。
朝の分まで、一杯食べました?(^^)
標高に慣れたら落ち着くのが通例なのにねぇ…

☆☆☆ 忙しいでしょうから、コメ返は、「番外編」で、一行だけでイイですよ。(^^) ☆☆☆
karake
2019年09月24日 20:33
yoppy702さん
忙しいでしょうからコメ返は「番外編」で1行だけでいい・・・といいつつ、怒涛のコメントありがとう(笑)
頑張ってコメ返します(笑)

酸素が70%はそれほどヤバくはないかと(笑)
健康な方で90%台ってのは標高数100mの平地にいる時の数値で3000m以上なら80%でOKなのです。
なので、70%はちょいヤバですが、このパルオキシメーターの測定の仕方にも左右されます。
なので、数値よりも症状の方が問題です。
水分を十分に摂っているのに尿が出ないのはアウトですね。
症状はたぶん一番最初は頭痛なので、その初期段階に鎮痛剤で治ればOKなんですが、私はバファリンを飲んでも頭痛が少しも軽減されませんでした(泣)
それでも、この日は列車内の酸素のお世話になったら、ラサに到着後は普通に行動出来ていたんですがね
ここで列車内より一気に標高が高くなってしまったことに
数時間で身体が反応したってことですかね(笑)
なんかね、部屋の窓が少ししか開かなかったんですが、この日は窓を開けることもなかったので室内の酸素自体が少なかったとも思えます。
翌朝、ほとんど眠れなかった私は少ししか開かない窓辺の窓を開け、その傍に座ってひたすらに深呼吸(腹式呼吸)をしていたら、ずいぶん楽になりましたから。
山ちゃん
2019年09月26日 18:49
サチュレーション(spo2)が平地で正常だと
96パーセントとかだけど、高地だと80パーセントあれば
酸素しないのか、これは初めての知識だな。
高地を歩く場合は良く水が大切と言いますね。
これも高山病対策だよね。
そうか、なるとおしっこも出なくなるんだね。
それからカラちゃんに予想した下痢にならなく良かったね。
紙パンツのお世話って話も色々とあるし・・・
やっぱり、カメラ撮影など文化の違いを感じちゃうね。
スパイ容疑なんてこともあるんだろうね。
でも、楽しいこともある予感・・
karake
2019年09月29日 16:35
山ちゃん
コメントありがとうございます。

サチュレーション(spo2)が平地で正常だと96%
さすが山ちゃん職業柄よく御存じですね
高地だと80%以上なら、不調な症状も出ないらしいです。
ちなみに、チベット人のガイドさんは3600m地点でも90%以上あったし、走り回っても平気でした・・・って、そこで生まれ育ったので当たり前なんでしょうが(笑)
水はたくさん飲んだんですが、ホントおしっこが出なくなるのは不思議でした。そして、酸素を吸ったりするとちゃんと出るようになるんですよ。
気圧の関係で尿が出にくくなるのでしょうかね。それは高山病にならなくてもなったりするので、わざと利尿剤を服用する場合もあるみたいです。

下痢になる人は多いと聞いていたので、ならずに良かったです。向こうはトイレも凄いですから(笑)
扉がないなんてのも当たり前で、あまりの汚れように出るものも出なくなりそうなトイレもありました(笑)
そんな中で下痢になってたらもうホテルにこもっているしかないですね。
紙パンツは今や登山でトイレがない場所に行く時などに、
履いていく山ガールもいるようなことを聞きましたが・・・
いくらトイレがないからって、紙パンツ履いたままもなかなか出来ないですね(笑)