5年ぶりの海外旅行④【青蔵鉄道】

9/2(月)
1.jpg


2.jpg

今日から、現地日本語ガイドのシャオさんが同行


2年間、日本に語学留学したのちチベットに戻り、ガイドになったそうで、日本では横浜に住み町田によく遊びに行ったとか


3.jpg

予定では、この白塔山公園を1時間ほど観光でしたが、昨夜のホテル着が遅くなったため、サ~ッと眺めるだけに


4.jpg

本来は西寧(せいねい)駅から出発が多いらしいが、我々はその手前の蘭州駅から青蔵鉄道に乗車


飛行機と同様にパスポートの提示や荷物検査が結構厳しいらしく、特にハサミ・ナイフ類はスーツケースに収めていても没収されるとのこと


ワタシは登山の時に必ず持ち歩いているヘッドライトとビクトリノックスの小さなナイフを今回の旅にも持参していたので


(げっまた、没収されるのか~?)とドキドキしていましたが、没収されずに済みました


5.jpg

6.jpg


今回の旅でワタシが一番楽しみにしていたのが、この寝台列車に乗ることでした


この列車は世界一標高の高いところを走る列車として世界中にひとから愛され、人気ゆえに乗車するのがとても困難と言われています


日本で言ったら、北海道へのカシオペアや九州のななつ星的な感じでしょうか?


寝台車輛は4人部屋と6人部屋があるのですが、我々は1等室の4人部屋


待合室も他の乗客とは別室のVIP待遇でした


7.jpg


就寝時間までは下段ベッドを椅子代わりにします


8.jpg
ワタシは今回のツアーの最年少でしたので(苦笑)2階で寝ることに(笑)
2階に登るの結構大変です



9.jpg


デッキにはトイレや洗面所、給湯などありますが、ここで現在の標高を確認することもできます


10.jpg


高山病の予防には水分摂取が欠かせないためなのか、添乗員さんが現地で大量のきゅうりをゲットし車内で配られました


日本から持参した味噌をつけていただきます


それにしても、太さも長さも日本のきゅうりの3倍くらいあって、アッパレでした!!

11.jpg
9/3のディナーです

食堂車は20人ほどしか入れないので予約制

ほとんどの乗客は各自食事を持参しているか、カップ麺などを購入して食べています

料理はあまり美味しくないという噂でしたが、まあまあ美味しかった

ただ、この先ず~っとそうなのですが、この国では取り皿というものがひとつしか出て来ない

↑ この最後の写真のように全てをひとつの器に入れて食べるのです

スープも出てくるので、この器を空けなければスープは飲めません(笑)


12.jpg

車窓より①


羊さんとヤクさん


13.jpg


車窓より② 青海湖



14.jpg


車窓より③ 面白い形の送電線鉄塔



15.jpg


車窓より④

もっと感動的な車窓からの風景はあったのだけど、走っている列車の窓から写真を撮るのはとても難しかった
列車のガラスもとても汚くて・・・ もっと綺麗にしておいてよって感じ(苦笑)


この列車、夜の20時ころに出発する便もあって、夜発の便だと世界最高地点(5072m)や世界一標高の高い駅(5068m)他、野生動物を見ることができるココシリと呼ばれる国家自然保護区を通過するのが起きている明るい時間帯なので観ることができるが、我々は午前11:16発の列車だったため、これらの地点を通過する時は深夜で起きていたとしても真っ暗で見えずなのが、残念だったわ

前日の睡眠不足もあったので、20時過ぎには おやすみなさい


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山ちゃん
2019年09月23日 15:08
漢字で意味が分かるのと、そうでないのがありましたね。
標高すごいね。
空気が薄くなって行くにつれて、木がなくなって
茶色の地面になりました。
送電線面白いですね。
この時点では酸素は良かったわけね。
そのうちに、生野菜などでトイレのそばが
必要なりませんでしたか。
yoppy702
2019年09月23日 17:36
青蔵鉄道の旅だけでも素晴らしいですね。
ホームも綺麗けど、列車がイイですね。
鉄ちゃんの血も流れてるkarakeさんなので、そりゃー楽しみの一つですね。(^^)

キュウリって、そんなにイイんですか。
やったら、登山の時は、キュウリを持って行くのがイイですね。
真夏の水分補給にもキュウリ。
でも…今年の夏は、キュウリ高かったもんなぁ。
で、日本の三倍の大きさ!
ゴーヤやん。(^^ゞ

ディナーは、最後のカットのようになるんや。
スープもかけちゃえば、もう、丼ですね。(^^)

車窓からの景観にウットリです。
大陸は広いなぁ…(^^ゞ

☆☆☆ 忙しいでしょうから、コメ返は、「番外編」で、一行だけでイイですよ。(^^) ☆☆☆
karake
2019年09月24日 08:34

山ちゃん
おはようございます。コメントありがとうございます。
そう、中国語は漢字なのでわかりやすいと思いつつも、全くわからない字もたくさんありますね。

空気が薄くなって行くにつれて、木がなくなっていてもヤクなどはちゃんと飼われてるのがスゴイですよ。
動物は高山病平気なんですかね(笑)
送電線は仕事柄ちょっと気になります。日本とは全然違う形で面白いですね。
高山病にならぬとも、下痢になるひとは多いから気を付けてと、空港トラブルの際に助けてくれた青年に言われましたが、それは全くなくてよかったです。
karake
2019年09月24日 15:13
yoppy702さん
yoppy702さん 忙しいでしょうからコメ返は「番外編」で1行だけでいい・・・といいつつ、怒涛のコメントありがとう(笑)

実は私が今回の旅行に行くことの決め手は青蔵鉄道の旅だけでした(笑)
一応、ほら、ちょっとだけ鉄子なんんで(笑)
ブログを始めてからはあまり鉄道の旅をしてないけれど、それまでは
地方の登山にでかける時にはもの珍しい列車を選んで乗っていました。
でも、楽しみなはずの青蔵列車もココシリ通過が真夜中だと現地で初めて知ってガッカリしたので高山病になっちゃったのかも(笑)

キュウリって、ほとんど水分だし利尿効果があるのでいいみたいですよ。というかこちらで野菜といったらキュウリかトマトくらいしか出てきませんでしたが(笑)
登山の時は、キュウリは夏の定番ですよ。
丸ごとキュウリに塩をふったものをビニール袋に入れていくと浅漬け感覚で水分と塩分の補給が同時にできます。
まさにゴーヤのような大きさでしたが、このキュウリが50本くらいあったんです!!私の部屋(列車の)の4人はひとり1本くらいしか食べなかったんですが、他の部屋のメンバーたちは列車に乗っている間にひとり3本くらい食べていたんです!!!
だから、高山病にならへんかったのかな?(笑)

ディナーの最終カットです(笑)
どうせお腹の中で混ざるんだからOKとはいえ・・・さすがにスープまではかけられませんでした。

そう、中国の魅力は大陸ですね。
日本は北海道から沖縄まで飛行機に乗っても3時間はかからないですからね。隣町へ行くだけで飛行機で3時間以上かかるって、最早隣町は外国ですね(笑)