5年ぶりの海外旅行③【空港トラブル】

1-vert.jpg
上海空港でのモバイルバッテリー没収のショックを引きずりつつも、再び同じ飛行機に乗り込み蘭州へ

因みに没収されたモバイルバッテリーは容量が24000mAh 3USB・・・三台同時に充電ができるというもの

LEDライトも内蔵されていて、災害時などにもいいかなと2018年に購入したのですが、大容量で重たいのでほとんど使用していないものでした

没収されたもののほかに、普段持ち歩いている10000mAhの物も持参していて、こちらもケースから引っ張り出され、容量が書かれている面を厳重にチェックされましたが、OKでした

P1020474.jpg
名古屋から上海まで1時間半ほどでしたが、上海から蘭州は3時間ほど

機内食は名古屋を出てすぐに食べましたが、こちらでも軽くこんな機内食が出ました

P1020478.jpg


蘭州には予定より少し早い22:30頃に到着


ここで日本語ガイドさんが合流し、空港から1時間ほどの場所にあるホテルに移動なのですが


空港から出られないというトラブルに見舞われました


この空港、国内線の出口と国際線の出口が別々になっていて、国際線の出口の鍵が開かないので出られないという事態に


鍵といっても、扉内側にチェーンが通してあってそのチェーンを普通の南京錠で施錠してあるだけのお粗末なものだけど・・・


その南京錠を開ける鍵を持っているひとが見つからないらしく・・・!!!!


そもそも、まだ国際線が到着するのがわかっているのになぜ鍵をかけてあるのか?


5.jpg
結局はこの送迎バスの中で2時間ほども待つことに・・・

空港外では我々の到着を現地日本語ガイドが待っているはずですが、連絡のしようも良く判らずパニックでしたが、

運よく同乗していた日本語が堪能な中国人青年2人が空港の人に文句を言ってくれたり、現地のガイドに連絡を取ってくれたりで感謝でした。

なんでも彼等は日本で働いていて、故郷に帰省するところで、彼等にしてもこの時間に空港から出られないと終電にも乗れないってことで怒り心頭だったわ

けですが、結局終電どころかこの扉が開いて、預けてあった荷物を受け取り、空港の外に出られたのは深夜1時でした


日本でこんなことが起きたら、すぐニュースになって空港自体が叩かれるだろうに・・・


ここでは、こんなことは日常茶飯事にあるらしい くわばら くわばら・・・(苦笑)


IMG_3034.jpg

出迎えのバスに乗り込み、初日泊のホテルに着いたのは深夜2時(日本時間では深夜3時)

翌日は青蔵鉄道に24時間乗車でシャワーなども出来ないので、シャワーを浴びて寝たのは3時過ぎ

起床は6時と、初日から3時間ほどしか眠れずにゲッソリ


7-horz.jpg


中国でホテルは【大酒店】というらしい


部屋は一見とても綺麗で申し分ない感じですが、いろんなところに不具合があります(苦笑)


バスタブの栓がきちんとハマらなかったり、シャワーが固定式ですごく高いところについていたり(笑)

トイレに紙を流すと詰るので、紙は山小屋みたいにゴミ箱に捨てなきゃならないとか

大画面の液晶テレビが設置されていて、リモコンが2個も置いてあるけど全然写らないとか(笑)


他に部屋の人も同様だったようで、「テレビはたぶんインテリアとして設置されているだけだよ」と(爆笑)


バッテリーを没収されてしまったが、コンセントの形状が日本と同じもので使えたことだけは助かりましたが(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山ちゃん
2019年09月22日 07:39
カラちゃん、おはよう。
これは、面白ドキュメンタリーだね。
こんな体験したくても。なかなかないと思うね。
友人にも面白いニュースの様に聞こえたかもね。
トルコに昔家族で行った時は、全然普通だったですよ。
私も大昔、駒ヶ岳のロープウェイで登った後、お花畑と言ったかな
そんな方向に、走って登って行ったら、後で気持ち悪くなって
動けなくなったときがありました。たぶん高さのことなど感じない
バカだったのでね。それが高山病だったようだね。
やっぱり、親切な人に出会えるもになんだよね。
それはどこの国でもね。
笑顔で単語並べれば、心は繋がるよね。
yoppy702
2019年09月23日 17:35
モバイルバッテリーの事は驚きましたが、他にも、色んな事があるんですね。
やっぱり、飛行機の旅は「くわばら くわばら」。(^^ゞ
ホテルの【大酒店】は、karakeさんにピッタシな名前。
中国のホテルトラブルは聞いた事がありますが、体験できたなんて素晴らしい!(^^)
トイレットペーパーの処理は、フツーの人やったら驚くかもしれませんが、karakeさんにとっては日常茶飯事。
テレビは、単なるインテリアやったんですね。(^^)
睡眠が三時間やったんですか…
これが、尾を引いてたのかもですね。

☆☆☆ 忙しいでしょうから、コメ返は、「番外編」で、一行だけでイイですよ。(^^) ☆☆☆
karake
2019年09月23日 19:59

山ちゃんさん
毎日コメントありがとうございます
ドキュメンタリー・・・まさに(笑)
現実の出来事ってことが時間が経った今でも信じられないような事件でしたね。
こんなことが日常茶飯事にあるとは、わざとやってるとしたら凄いドッキリTVみたいですけどね(笑)

木曾駒ヶ岳で高山病は多いみたいよ
何しろ、ロープウェイで一気に2500mくらいまで登ってしまい、そこから山頂までは標高差500mくらいなので、みんな気軽に普通の速度で歩いたり、走ったりしてしまうと
やられます。

中国に好印象はない旅でしたが、中国人みんなに好感が持てないわけではないですね。
同じ人間同志ですから、争うよりは助けあっていきたいものです。
この空港トラブルで助けてくれた彼等を私は一生忘れないと思います。
karake
2019年09月24日 07:08
yoppy702さん
忙しいでしょうからコメ返は「番外編」で1行だけでいい・・・といいつつ、怒涛のコメントありがとう(笑)
ン?いやがらせか(笑)
コメント欄は最後の記事だけ開けておくんだった(苦笑)

いろんなことがありましたが、それは飛行機の旅だからではありません(笑)是非一度お乗りになったらきっと楽しいブログネタに恵まれると思います(笑)

【大酒店】が私にぴったりだと(ーー゛)
最初、蘭州のホテルは20階建てくらいで、その窓から蘭州市内をみたら、周りにやたら【大酒店】ってビルがあって、酒屋の街かと思いました(笑)
世界のトイレ事情って本が確かあって、ず~っと昔に読んだんですが、一番ひどそうなのが中国でしたので覚悟はしていたんですが、想像以上にすごいトイレもあって、最後の方には逆に日本人が潔癖すぎるのではと思うほどでした(笑)ペーパーの処理は8日間の間にすっかり身に付いてしまったようで、帰宅後自分の家のトイレでも脇のゴミ箱に入れようとしてしまいました(笑)
テレビは立派なインテリア(^^)
ホテルの室内はこうあるべきってものを置いてあるだけですねあれは。

睡眠が三時間、高山病になった要因のひとつだと思ってます。Yっちも言ってました。
でも、他のひとも睡眠不足なはずだからなぜだ?
飛行機でも電車でもバスでも短時間に効率よく熟睡できるひとは強いとは思いました。82歳の添乗員さんがそうなんですが、どんな環境でも寝るときは寝る(笑)
yoppyさんもたぶんバス旅で慣れているので、旅で睡眠不足にはならない人だと思いますよヽ(^。^)ノ