5年ぶりの海外旅行①【出発】

D1DC41FF-A1A2-4A1A-8726-3E0D57BC95FA.jpeg
初めての海外旅行フィンランドの時にお世話になった旅行社で5年ぶりに海外旅行へ

岡谷市を9:40に出発
マイクロバスで中部国際空港へ

58ECE52A-A56C-4177-A455-DCAD6DF304C8.jpeg
バスの中では、毎度のおもてなし
アルコール類と手作りおつまみがいただけます。
DDDF8CF1-AA76-4B07-8349-3822E27374E4.jpeg
刈谷SAで昼食

CD070DD5-C6B1-4F16-A9BA-A85ACC3D17FE.jpeg
14時前に空港に到着
預ける荷物の中にモバイルバッテリー
を入れてあったのでNGと言われ焦ってその場でスーツケースを開けて取り出す💦
機内持込ならOKなんだって…
知らなんだ(苦笑)
5CF9DA2C-65FA-4493-9429-6395AD794C47.jpeg
フライトは16:20なので、添乗員さんと乾杯🍺

ツアー参加者は10名
添乗員1名と現地日本語ガイド2名で
8日間の旅です

海外でスマホが使えて、体力気力に余力がある限り、リアルにブログアップしようと思うが果たして…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月03日 09:58
「全日本旅行」ってあるんや。
日本旅行があるから、全日本(空輸)と日本(航空)みたいなもんやね。
…ちゃうかな?(^^ゞ

この旅行会社って、岡谷が集合やったん?
オーロラが見れなかった時も、そうやったんや。(^^)

モバイルバッテリーって、機内持込ならOKやけど、預けるのはNG。
知らんかった。
飛行機って乗らへんし、乗りたくないし。(^^ゞ

なるほど…
この為の、前記事やってんね。(^^)
karake
2019年09月03日 16:41


yoppy702さん
コメントありがとうございます
>「全日本旅行」ってあるんや。
あるんですよ。岡谷市にある小さな(と言ったら失礼かな?)もとい、庶民的な旅行社です。会社名を【全日本】にした時、マジで日本旅行社さんからクレームが来たらしいですよ(笑)
会社のある岡谷が集合なので、この近辺にお住まいの方々に重宝がられてます。
でも、オーロラの時は成田空港発着でした。
なので私は参加したんで、今回岡谷発だと私は茅野に前泊、後泊しなきゃならないので、
悩みましたが…

モバイルバッテリーが預け荷物NGとか手荷物ならOKとかまるで知らずにパニックでした(笑)
飛行機めんどくさくて私も出来ればあまり乗りたくはないんですが、海外船旅は日数も料金も飛行機の数十倍かかるので仕方ないですね(笑)
山ちゃん
2019年09月18日 19:03
カラちゃん、お久しぶり。

中部国際空港だから刈谷だったわけね。
茅野は友人だよね。
また、空気の薄いすごいところに出かけましたね。
列車の中で高山病にかかる人がいるから、備え付けの
酸素マスクあったりしますね。
ラサは中国チベット自治区でしたか、それともネパール
だったかそんな感じでしかないな。
面白そうですから、だんだん読んでいきますね。
私の女美人友人も、良く働いて良く山に出かけます。
そへんはカラちゃんと一緒のようだね。
見たみたいに聞こえますね。
その美人さんはこの前は2週間かけて名古屋港からフェリーと車で3人で
キャンプなど北海道の色々を巡ったようです。
アドレスたくさんの人チェックしたようで
でも、内容で大体想像付いたでしょ。
では・・・・
karake
2019年09月19日 08:38
山ちゃん
コメントありがとうございます。

そう、セントレア空港からの出発でした。
刈谷のサービスエリアはすごいですね!観覧車まであって!!
茅野の友人宅に前泊、後泊させてもらっての旅でしたので、10日間家を空けました(笑)
空気の薄さをまじまじと実感しちゃいました(笑)
これほど苦しいことになろうとは・・・普段国内の山では全く感じなかったことなので、良い体験をしました。
ラサは中国チベット自治区です。
ネパールにもマチュピチュにも行ってみたい願望があったんですが・・・今回の高山病で願望は薄れました(笑)
海外旅行もこれが最後かな~。
行くとしたら今度は標高の低い海辺の国にします(笑)

山ちゃん、美人な友人がいるって隅に置けませんね(笑)
ワタシは美人ではないけれど、よく働き、よく山には出かけるところは一緒ですね(笑)
山ちゃん
2019年09月20日 16:39
高山病にかかったんだね。
そして酸素のお世話になった訳ね。
でも、楽しさがここからでもかいま見えますよ。
私が師事してもらっている、ひとりの絵画教師はお盆当たりに
お孫さんと二人で8日間ほどかけてマチュピチュと地上絵を見に
行ってきたそうです。
その先生は現在88歳で成人しているお嬢さんが良く一緒に
行ったとも思います。
もちろん、費用は全部おじいちゃん持ちのようです。
高原列車とシャトルを乗り継いでから、3kmほど歩くと
言うか登るのか、そんなふうに言っていました。
遺跡もそれほどの高さではないでしょうが、バイタリティーにびっくして
話を聞きました。
2400mくらいかな。
かつて、カラちゃんも長い距離をトレッキングしてマチュピチュに行ってみたいと言っていとことを思いだしました。
誤字脱字名人より
karake
2019年09月21日 14:07
山ちゃん
ちゃんと1記事ずつ見てくれてありがとうございます。
高山病は行く前から心配はしていました。
もう15年くらい前ですが、初めて富士山頂まで登った時に頭痛に見舞われたので、自分は高所には弱い体質のような気がしていたしね。
でもまさか、一番山に登っている二人だけが高山病になるとは!私ひとりじゃなくて良かったとも言えるけど。
人は酸素が足りないだけで、こんな風になってしまうのかってことを体感出来たのは、良かったかも知れません。

88歳でマチュピチュですか!!!
それはお元気で天晴れですね。
今回の旅行社主催で3年程前にマチュピチュ旅行もあって、茅野の友人は参加しているのですが、高山病には誰もならなかったそうですが、地上絵を見るために往復2日かけて車移動があり、セスナも揺れが激しくほとんどの人が
乗り物酔いしていたとかで、「マチュピチュへ行っても地上絵はお奨めしない」と言ってましたので、乗り物酔いしやすい私は高山病にならなくてもNGだなと(苦笑)

費用全額持ちで自分も興味があれば、おじいちゃんとでも一緒に行くでしょう(笑)
孫と一緒に海外旅行なんてなかなか出来るひとはいないと思うので素適ですね。