コバイケイソウの当たり年

8/12(祝)


今年はコバイケイソウの当たり年だということで昭和村への帰省のついでに会津駒ヶ岳へ


12日は深夜2時半に家を出発


すべて下道で通い慣れた道なので、お盆渋滞とも無縁で6時半に滝沢登山口の駐車場に到着


すでに駐車している車がいっぱいで、今までで一番登山口に遠い場所に駐車


まあ、国道から歩くよりはマシ(笑)


1.jpg


6:50 スタート


気温はスタート時 18℃


急な階段から始まるこの山の登り始めは、何度登ってもキツイし、すぐに滝汗状態になる(笑)


それでも今月は高川山、筑波山と灼熱の低山に登っているので比べ物にならないほど快適


さらに8/7、8/10、8/12と6日間で3座の山に登ることになるので足取りも快調(笑)


2.jpg


同じ福島県の山でも、会津駒ヶ岳・燧ケ岳エリアと磐梯山・安達太良山・吾妻山エリアでは


標高が200~300m会津駒・燧ケ岳の方が高いので、見られる高山植物も異なるので楽しい♪


3.jpg

この日は、駒の小屋のブログで情報を得たこのコバイケイソウの群落がお目当て

コバイケイソウの花期は当たり年とはずれ年があり、はずれ年だと葉っぱだけで花が咲かない

だいたい、1年おきに咲くようだが、それでも数年に一度大当たりの年があり、

会津駒ヶ岳のコバイケイソウはまさに今年が大当たり年のようで、私はこの花がこの山にこんなに咲いているのを見たのは初めてで、

すでに最盛期は過ぎていましたが感激でした

4.jpg

天気も最高で、秀峰【燧ケ岳】も望めて

5.jpg
中門岳方面もコバイケイソウの群落があり、行ってみようか迷ったが

山頂から中門岳を往復するとコースタイムで100分かかるので

深夜2時起きで運転してきたことを考えて、やめておいた(苦笑)

初めて会津駒ヶ岳に登ったのはギリギリ30代だったと思うが、

家を23時頃に出発し、途中の道の駅で車中仮眠を2時間ほどし、

中門岳まで行って湯を沸かし珈琲など飲んでピストンしてたのを

この山に登るたびに思い出すが、登山の経験は積んでも

若さに勝てないものはあるなぁとつくづく思うのでした(笑)


山頂直下のベンチでしばし休憩し、駒の小屋まで戻りTシャツを買う

2年前にひとりでこの小屋に泊まったときには不在だった駒の兄さんにお会いできた

駒の姉さんはめちゃくちゃ美人さんでこの美しい姉さんを射止めた人に

とても興味があったのだが(笑) 美女と野○?(笑)

ニコリともせずに冗談を言う面白い兄さんでした(笑)


10:30に駒の小屋を出発 下山は脇目もふらず(笑)

背後から煽ってくる(笑) 若者に抜かされまいと水場のベンチまではいだ天級で下山(笑)

水場のベンチで一休み中、これから登って小屋に泊まる宇都宮から来たという男の人と話をしてたら

なんと彼のホームマウンテンも【筑波山】なんだと


12時ちょうどに下山完了

もうこの時間は早朝の涼しさもどこへやら、猛暑の桧枝岐になっていました

6.jpg
自生の花がこんなにしおれているのを初めてみたわ


2年前の記事①

2年前の記事②



この記事へのコメント

デミ
2019年08月18日 04:53
おはようございます。

昭和村の写真展、お疲れ様でした
楽しいお盆が過ごせてよかったでしゅねっ
コバイケイソウは見たことが有りませんが、karakeさんが初めて見ると言うのは
よほど、珍しい当たり年だったんでしょうねっ
それにしても、東北でも激暑だとは・・・
まだまだ、残暑が厳しいようでしゅ、どうか御自愛くださいねっ
karake
2019年08月18日 19:34
デミしゃん
毎度コメントありがとうございます
昭和村の写真展はまだ続いていて夫はまだ滞在してましゅ(笑)
コバイケイソウは高山植物なので、1500m以上の地にしか咲いていないでしゅ。
北アルプスや八ヶ岳などでは見たことがあるのでしゅが、会津駒ヶ岳でみたのは初めてで感激でした。
ちいかめ
2019年08月18日 22:48
こんにちわ^^毎日暑いですね

いつもさわやかな山の画像をいただき、ありがとうございます
父が旅行が好きで、子供のころあちこち観光したことを思い出します
高山植物、何ともかわいらしい

前回の記事、「J君」さんの記事を読んでみて、様子がよくわかりました
日常とは違うところで出会う人々、山を求めて出会うお仲間、いいですね
karake
2019年08月19日 12:28
ちいかめさん
コメントありがとうございます。
暑いのは大嫌いですが、暑くても山には登らずにはいられません(笑)
意外に短い夏山の楽しみは可憐な高山植物の花々
今年は7月が冷夏で梅雨明けが遅かったせいか、夏の花も秋の花も一度に楽しめました。

J君はプロのライターさんなので、文章表現が簡潔で上手でしょ

山って非日常ってところが魅力なんだと思います。
たまに日常を離れて過ごす非日常の世界はすごく気持ちがいいけれど
ずっと非日常に身を置いたらどうなるのかな?
そこがずっと知りたいワタシです(笑)
2019年08月21日 14:26
こんにちは。
会津駒ヶ岳登山お疲れさまでした。
最高の天気に恵まれ、燧ケ岳も望めて、いい登山になりましたね。
高山植物もたくさん目にすることができ、とりわけコバイケイソウの群落が見られてよかったですね。
数年に一度という大当たり年のコバイケイソウに、深夜2時半に家を出発した疲れも吹っ飛んだことでしょう。
karake
2019年08月21日 15:12
トンキチさん

コメントありがとうございます。
本来、小屋に泊まってのんびりしたかったんですが、連休の晴天日でしたし、直前までどこに登るか悩んでいるうちに満室になってしまいました。
深夜2時半に出発したと言っても、前日は19時半頃から寝ていたので、睡眠不足ではなく道も空いていたのでさほど疲れなかったんですよ。
今はブログやSNSで最新の情報が得られるのはいいですね。
おかげで大当たりのコバイケイソウが見られ感激でした。
2019年08月29日 11:41
花図鑑がスゴイ!
手っ取り早く、仕留めましたね。(^^)

コバイケイソウって、1年おきに咲き、数年に一度、大当たりがあるんですか。
(太鼓ドンドン)「あたりぃ~」ですね。(^^)
ホンマ、素晴らしい眺めです。

ブロ友のnarayama2008さんが、8月初に、新穂高温泉から双六岳と三俣蓮華岳に登った時に、コバイケイソウの大群落に出会ってました。
やっぱ、コバイケイソウが当たり年なんかなぁ。


スマホからの投稿、写真がちゃんと縦位置になっててバッチリやん。
karake
2019年09月17日 08:34
yoppy702さん

ここもコメ返をすっ飛ばしてしまってました。すいません。

花図鑑・・・名前がわからないものがある時はこのように(笑)

コバイケイソウはほんとに当たり外れが明瞭なんですよ。
当たり年は2年に一度くらいだけど、大当たりは今回初めてみました。
大当たり年だと、たぶん山域が違っても同じな気がしますね。

スマホからの投稿、写真がちゃんと縦位置には特に何もしなくても縦位置になったので、最初のころのがおかしかったんでしょうね。
でも、最近でも縦位置にわざわざ直したものが横位置になってる時もあったりで、???ですけど。
ウェブリの投稿にもだいぶ慣れました(*^-^*)