原点の山【燕岳】へ(終章)


画像


(終章)もあったのか?!とは言わないで(笑)

今回は短いですから(笑)

画像

下山後は、麓の旅館【山のたこ平】の日帰り温泉(¥500)へ

【山のたこ平】には燕岳登山者用の無料のPがあって、中房温泉登山口行バス停もあるのでここに停めて登山される方も大勢います。

温泉はとても広くて、露天風呂もあって良かったです


画像

汗を流した後、せっかく安曇野にいるのだから、帰る前に美味しい信州そばを食べたかったのですが、蕎麦屋はそこかしこにあるものの・・・ひとりだし

どこの店がいいか決めかねているうちにナビの指示する通り高速に乗ってしまった

仕方ないので【梓川SA】で蕎麦と『わさびソフト』を食べました

わさびソフトはブロ友テンプルちゃんが食べていたのが気になっていたので

即食べることにしました(笑)

色が『ワサビ色』ってだけでした(苦笑)


ここを12時30分に出発して帰路へ

月曜日の昼間はこんなに交通量が少ないものかと驚くほどに空いていて

埼玉県の【狭山PA】までノンストップで走り、トイレ休憩

その後もスイスイ

16時過ぎには自宅に帰り着けました。

3日間、私に付き合い守ってくれた『アトレーちゃん』にも感謝。 お疲れちゃん


画像


うんと頑張った日のご褒美に食べようと思ってた

ふるさと納税(和歌山県有田市)の返礼品でもらった国産うなぎ

「食べるなら今日でしょ!」(笑)ってことで、急いで新米を炊いて食べました

『まいう~』



画像


燕岳が原点と言ってますが、何故燕岳だったのか?

それはこの本だったのです。

女優・市毛良枝さんの『山なんて嫌いだった』

それまで私は此れと言って趣味と言えるものはありませんでした。

まあ、強いて言うならありきたりに音楽鑑賞とか読書とか?(笑)

タイトルがね、気になって(笑)

私も燕岳に登る以前に職場の人達との付き合いで年に1度くらい夏山には数回登ったけれど、年に1回しか登らないわけだから、当然帰宅後は数日間激しい筋肉痛で(苦笑)

「山なんて嫌い」とまでではないものの「山なんて年に1度で十分」だったんです。


画像

(燃える御来光)




この本には「山なんて嫌いだった」市毛さんが、海外の山にまで登りに行くほど登山に魅せられていく様子が綴られていました。

その市毛さんが初めて登った山が【燕岳】だったのです。

(たった一度の登山で、彼女を山好きにした燕岳ってどんな山なんだろう?)

私が燕岳に登りたいと思ったわけはこれでした(笑)

本を読んでから、何がなんでも行きたくなりました。

そして、ツアーを見つけて申込み

ツアーパンフレットに記載された通りに、三種の登山用品(靴・ザック・雨具)をこの時初めて買い揃え

予行練習のために登りに行ったのが【№1の筑波山】でした

なので、燕岳に登りに行くことがなかったら、筑波山にも登っていないでしょう(笑)

画像

(↑ 違う角度から見たイルカちゃん)


かくして、ワタシも何故なのか?明確な理由はわからないのですが

市毛さんと同じように、たった一度の【燕岳】で魔法にかかって(笑)

山大好きになってしまったのデシタ


なので、原点というなら山ではなく、この一冊の本かもしれません(笑)

市毛良枝さんに一番感謝しないといけないかも知れませんね(笑)


END


この記事へのコメント

2017年10月22日 23:10
こんばんは。きっかけって人それぞれ、なるほどと共感できる部分も多いです。お二人ともに、とっかかりが燕岳ってのが凄いなって思います。なんだろ、達成感が次につながるのかなぁ。私の場合、自転車で最初に江の島まで行けた、海までたどり着けたのが嬉しくてサイクリングにはまりました。
2017年10月23日 00:35
こんばんは。
山を下りた後はやはり温泉でサッパリしたいですよね。
【山のたこ平】の日帰り温泉が便利そうですね。( ..)φメモメモ
なぜかしら北アルプスの山を下りると、蕎麦が食べたくなりますね。
もうずいぶん昔のことになりますが、笠ヶ岳を下りた後、平湯温泉の蕎麦屋さんで、ざるそばを大盛で食べた記憶がしみついています。
帰宅後に新米を焚いて、ふるさと納税の返礼品でもらった国産うなぎをドンブリで食べるなんて、羨ましすぎます。しかも、特々特上ぐらいの鰻丼ですね!
原点の山「燕岳」に登った経緯は、女優・市毛良枝さんの『山なんて嫌いだった』という本を読んだことで、燕岳に憧れ、たった一度の【燕岳】登山で魔法にかかってしまったというわけですか…。
山に登り始めたころ、結構、いろいろ読みあさりましたが、これは読んでませんでした。
karakeさんの山登りの原点になった本、またそのうちに目を通すことにします。(^_^)
2017年10月23日 01:10
そうでしゅかぁ~
市毛良枝さんの本がきっかけでしたかぁ~
やはり、本は人を動かすんでしゅねっ・・・
いや、気持ちが、のめり込んで動いたカラケさんがエライ
誰かさんを抜いたらアカンのでx99個置いて帰りましゅ
市毛良枝さんと燃えるご来光・・・ナイス!…☆
2017年10月23日 08:48
まさに燕岳がkarakeさんの『山』の原点だったんですね!
初めての北アルプスもお父様との山も、バリエーションルートも、すべてがこの山だなんて素敵です(^^♪
2017年10月23日 21:17
先日日本風土記って番組で八ヶ岳をやってて
見たのです。その一部でしょうけど白駒池って言ったかな
そこを行くと苔が素晴らしいとか。
場所は多分違うでしょうけど青年集会って小屋かな
夫婦でしている小屋があって赤ちょうちんがぶらさっていてね。
面白いですね。
遠い飲み屋としてありました。
karaちゃんも、ここに行っているのかな何て見ていました。
そこのオヤジが自作の歌をギターを弾いてお開きになるようなみたいなのをね。
それからもっと高い所に行くと青年ひとりがやっている山小屋があって
小説家志望と言う子がいて、お客さん向けに何でも書いての帳面に最初に本人の山の思いみたいのが書いてあって、それもなかなか良かったです。
そうですね。市毛さんは山が好きでしたね。
それよりもkaraちゃんの方がもっとハマってますね。
山は偉大で、人はちっぽけって
それで偉大な登らせてもらうと、「自分でもできたんだなんて気持ち」で
余計に好きになるのでしょうね。
良いと思うよ。
2017年10月24日 10:56
エッ!?
前記事で終わりとちゃうん?
と思ったら、さすが鋭い!(^^)

市毛良枝さんの本に触発されて…
karake虫が、この時にモソモソとしたんや!
市毛良枝さんが、番組で登山してる姿を見た事がありますが、カッコイイですね。
女優としても好きな方やったけど、登山してる姿を見て、益々、好きな女優さんになりました。
karake虫を動かす程の力のある本…
メッチャ、興味が湧いてきました。(^^ゞ
でも、初期のkarakeさんって、悪天候が多かったんでしょ。
それでも、こんなに山好きになるなんて…
きっと、神様の試練とご褒美があったんやね。
筑波山にトレーニングに行ったのが良かったのかも。
きっと、筑波山の神様に気に入られたんや。
後継神にと思ってらっしゃるのかも。
「原点の山」、納得しました。(^^)

最初と御来光の画像が感動再びですね。
終章に相応しい画像や。
karakeさんにしては素晴らしい!(^^)
ホンマ、お疲れ様でした。

で、一人なのでお店に入れなかったの?
karakeさんが!\(◎o◎)/
まぁ、ボクもそうやけど。(^^ゞ
「ワサビソフト」、色だけやったん?
「ワサビチョコレート」って、ワサビの味があったのにねぇ…
やっぱり、karakeさんのには、ワサビの塊を入れときゃなきゃ。(^^)

ご褒美メシがスゴイよね。
画像を大きくして見てたらヨダレが…(^^ゞ
いつか、山で鰻丼するんやったね。(^^)
2017年10月24日 11:34
こんにちは~♪

市毛良枝さんの本に感化されて 山ガ~ルに?

山なんて嫌いだった・・とあれば

たしかに興味を引かれますね なんでと・・

考えられるのは 危険 疲れる の2点

でも 雲の上にそびえたつ頂上を制覇すれば

雲海も見られるし ご来光も拝められるし

空気も澄んでいて 美味しいだろうし・・

私も若い時に登った雲取山の頂上で下界を見た時

自分を細菌のような心の持ち主である事を

思い知らされました

くよくよせずに頑張ろうと・・

山の素晴らしさは その時に知ったのですが

体が古くなって再度 登頂も叶わず・・

karakeさんのブログを拝見して バ-チャル登山

これからも宜しくお願い致します(笑)

車中泊 快適でしょうね 羨ましい・・・







karake
2017年10月31日 06:26
achisiさん
コメントありがとうございます。
何事もささいなきっかけや偶然から始まるような気がしますね。
自転車で遠いところまで行けたら、感動しそうですね。サイクリング好きな友達が
いて、よく薦められるのですが・・・きっかけがまだ降って来ないので(笑)
karake
2017年10月31日 06:40
トンキチさん
コメントありがとうございます。
燕岳登山帰りには【山のたこ平】の日帰り温泉便利ですよ。たぶん、ツアーの人たちも立ち寄るんじゃないかと思うほど、脱衣所も広くて。
トンキチさんは笠ヶ岳に登られているんですね、羨ましい。
笠ヶ岳は北アルプスのどこの山に登っても、見えるので他の山頂からさんざん眺めてきた山なので、ずっと憧れている山なんですが、新穂高温泉までのアプローチが
電車で行くと面倒で(苦笑)
でも、車泊という技を習得しましたから(笑)来年こそは登りたいです。
ふるさと納税で選んだうなぎは冷凍で真空パックなので湯煎で温めるだけなんですが美味しかったですよ。また、来年もここにふるさと納税です(笑)
本が人生を変えることって、結構あると思いませんか?
ワタシも山を始めてからは、山に関する本ばかり読みあさりました。特に新田次郎はたくさん読みましたね(笑)そして、【孤高の人】を読んで、今度は北鎌尾根に行ってみたくなって、無謀にもチャレンジしてしまいました(苦笑)
karake
2017年10月31日 06:43
デミしゃん
コメントありがとでしゅ。
本は人を動かしましゅね。本は読んだ方がいいでしゅね。
ワタシはすぐにのめり込んじゃうんでしゅが
99個の気持ち玉もありがとでしゅ。
karake
2017年10月31日 06:47
やまやさん
コメントありがとうございます。
初めての北アルプスはここじゃないのよ(笑)この前年に職場の人と【焼岳】に登ったけれど・・・そこでは山にハマらなかった(笑)
来年の最大の夢のは【剱岳】ですからね。忘れないでくださいね
よろしくお願いしますよ
karake
2017年10月31日 06:52
山ちゃん
コメントありがとうございます。
私も見たよ!「新日本風土記」の八ヶ岳。八ヶ岳は隅から隅まで歩いているので、
この山も故郷のような山です。
「遠い飲み屋」の青年小屋にも3回くらい泊まったかな?食事がとても美味しかった記憶がありますよ。
青年ひとりがやってる山小屋はどこだっけ?八ヶ岳の山小屋も全制覇したいんですが、まだ数か所泊まってない小屋があります。
なので、まだまだ元気に山登りを続けたいですね。
karake
2017年10月31日 07:06
yoppy702さん
コメントありがとうございます。

ふふふっ、前記事で終わりじゃないのじゃ(笑)

市毛良枝さんはyoppyさん世代に大人気の女優さんですよね。
確か「お嫁さんにしたい女優№1」とかになってましたよね?
yoppyさんも好きだったんですね
今はもう本が手元になく、どんなことが書かれていたのかも覚えてないんですが(苦笑)この本を読まなかったら、今は何を楽しみに生きてたんだろうと・・・
人生は実に不思議で明日のことは自分自身でさえわからないものなのだと思いますね。
初期の私に悪天候が多かったのは、決して私が雨オンナというわけではなく、山の会に入っていたので、何か月も前から山行の日程が決まっているものに参加していたので、雨でも実施していたってだけです。yoppyさんもツアー登山などでは雨もあったでしょ?ひとりや山友と行く場合は、悪天候なら今は中止にしてしまうので
、この燕岳も前日まで天気予報とにらめっこで決めたので最後に雨が降ったのは、ちょっと想定外でしたよ(笑)

終章に相応しい画像・・・karakeさんにしては・・・
ん?「・・・にしては」とは何だ
必ずコメントのどこかでさせたいのね(笑)

そう、ひとりで飲食店に入れないんです
えっ?yoppyさんはお洒落なカフェなどにもひとりで入ってるじゃないですか!

ワサビの塊ですって

そうだった、来年は早めにふるさと納税して【剱岳】で鰻丼しようかな鰻丼ご馳走するので一緒に行きましょう
karake
2017年10月31日 07:13
H・Rさん
コメントありがとうございます。
そうです、山なんて危険・疲れるイメージですよね。
市毛さんも確かそう言ってました(笑)
実際に自分の足で登ってみないと感じ得ない快感が山の上にはあるってことでしょうね。
H・Rさんは若い頃に登られた体験があって、想いでが今も心にあるのも素晴らしいことですよ。
山に登るとホントに自分がちっぽけな存在だと思い知らされ、日常のつまらないことにくよくよしていたことなど吹っ飛んでしまいますが、まだ下界でしばらく過ごしているとやはりストレスが溜まっていき・・・の繰り返しです(笑)

私のブログでバーチャル登山していただけるのなら、これからもいつでもどうぞ(笑)こちらこそ、よろしくお願いします。

車中泊・・・もハマってます。快適ですよ。
2017年10月31日 15:08
市毛良枝さんの本、買いました。(^^)
karake
2017年11月01日 20:32
yoppy702・追さん
てっ!!!!(花子とアンの再放送を見てるので山梨弁)(笑)
行動が早いな(笑)どんだけ、いちびりなんだか(笑)
読み終わったら、私に貸してください
18年ぶりに読んでみたいズラ(笑)
2017年11月09日 15:00
そうだったのですか~まさか市毛良枝さんの本が「山ガールkarake」の生みの親だったとは!!
でも、オーバーな事を云うようですが人生って、めぐり会いってそういうものですよね。
市毛良枝さんだって燕岳に登らなければ山ガールになっていなかったんですもんね。

たこ平さんは看板を見ながらいつも通ってますけど今度入ってみようかな。

でしょ!でしょ!!わさびの色だけだったでしょ!
これだったらメロンソフトとしても販売できそうだ(笑)
え?ウソっしょ!? ソロ登山でも大丈夫なkarakeしゃんがソロ蕎麦を躊躇うなんて...( *´艸`)ぷぷっ
今はちょっとお休みされてましゅけど次回安曇野に行かれることがあったら是非とも「早乙女」というお蕎麦屋さんに行ってみてくだしゃい。
ぽーーん!と太鼓判を押しましゅから。

で、なぬ!? 有田の返礼品が国産ウナギでしゅって!?
え~~!知らなんだ!

すべての画像が素敵。
すべての章での文も素敵。
なんか、karakeしゃんってビッグだけど可愛いわ~
karake
2017年11月10日 06:53
テンプルちゃん
コメントありがとうございましゅ。
ホントに、すごくささいなことから人生は変わっていくものでしゅね。
山を始めた頃、身近に山の先輩がいなかったこともあって、ガイド登山をしばらくやっていましたが、職場には昔山好きだったという上司がいて、いろいろとアドバイスはしてくれました。で、その上司に要らなくなった鳥の餌台をいただいたのがきっかけで鳥も大好きになり・・・野鳥観察と登山の記録にとこのブログを始めました。テンプルちゃんとブロ友になれたのもそんなこんなの縁なんでしゅね。

やはりたこ平さんを知っていたんですね。日帰り温泉は500円と安価ですし、是非いつか入って見てね

ソロ飲食が出来ないのは、お恥ずかしい限りで
サービスエリアとかファミレスとか大衆的な店はひとりでも入れるんですが・・・
この時はたこ平さんでの入浴後に運転して帰るだけだからとすごくラフな服装だったこともあって入りずらかったのです。
燕岳には来年も絶対に登ろうと思ってますので、次回は「早乙女」さん行ってみるねφ(..)メモメモ