karakeの花鳥風月山話

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津駒ヶ岳A日目

<<   作成日時 : 2017/07/19 19:46   >>

トラックバック 0 / コメント 18

2017年7月10日(月)

画像


4:20頃に小屋前からご来光が仰げるとのことなので、4時に起床

昨夜は23時頃にトイレに起きたので外で星空も鑑賞

満月だったので月明かりで星は鮮明ではなかったけれど、街で見る星とは全然違って綺麗でした

画像

東北地方の最高峰(2356m)【燧ケ岳】が美しい

いつ以来だろう?山の上で朝を迎える幸せがじわじわと・・・

素敵な空の色


画像


御日様にも感謝


画像

御来光を拝んだ後、自炊室に戻り朝食

今日は会津駒ヶ岳山頂だけを踏んで早々に下山しようかと思っていたけど、駒の姉さん(小屋番さん)と尾瀬のガイドさん(昨晩遊びで泊まりにきていた)がこの時期にこれだけの雪渓がある年は貴重なので、絶対「中門岳」まで行くべきと力説していたので、行くことにしました。


画像

部屋の様子(↓がワタシの寝床でした)

ザックのパッキングをしていたら、こんな張り紙が!

昨日は暗くて気が付かなかった

ヤマネ・・・見たことない! 見たかった、見たかった、見たかった

また泊まりに行くしかあるまい(笑)・・・というか、この小屋の常連になろう


画像


荷物は小屋に預けて、カメラと水だけを持って5:30 中門岳に向かって出発

ほぼずっと、雪渓上を歩きます

昨日より風はありましたが、この時間の早朝でも全く寒くない快適な気温でした


画像

出発して15分ほどで会津駒ヶ岳山頂

誰もいなかったので、持って行った熊でぬい撮り

画像

三角点の石柱にカメラを乗せたらセルフ撮影できたのでパチリ


画像

中門岳までの道程は夏道よりも歩きやすく、展望も素晴らしく最高でした


画像


6:20 中門岳に到着

豪雪地帯なので、きっと雪の重みで道標が曲がってしまったのね?

ここには池塘がたくさんあって、雪が溶けて池塘のすべてが現れたらお花畑が広がるんですよ


画像



中門岳から引き返します。

・・・とここで、会津駒ヶ岳の山頂にぬい撮りした熊を忘れて来てしまったことに気づく

まあ、往路を戻るわけだからまた山頂にも立ち寄って回収できるよね


画像


しかし、会津駒ヶ岳の山頂に熊さんはいませんでした

ワタシの後に中門岳に向かって出発した人もいるから拾われちゃったのかしら?

あとで考えると風が強かったので下に落ちてしまっていたかもしれないのだけど、その時は道標の上に乗っかってなかったので「えっ?いない!」とビックリしただけで、辺りをよく探すこともせずあきらめて小屋に戻ってしまいました

そして、帰宅後に写真を見ていたら・・・
画像

セルフタイマーで2回目に撮った写真にすでに熊さんは写っていなかった

・・・ということは、やはり風で下に落ちちゃったんだよね?

 ソロ山行のお供をしてくれた仲間・・・・置き去りにしてきてしまいました

そこで待ってて!秋に救出に行くから(笑)


画像

中門岳までの雪渓歩きの途中で出会えた『カヤクグリ』

4年程前に冬の筑波山で初見した鳥だけど、夏はやはり高山にいるんですね

ハイマツの花芽を食べているようでした


画像

(↑駒の姉さんと

小屋から中門岳まで往復約2時間弱 7:10に戻ってきました。

あとは登山口に下山するだけなので小屋前でしばしのんびり山上の余韻を楽しみます。

電車とバスで来た人たちは、縦走が出来るのでキリンテ登山口の方へ下山

そちらの縦走路も素晴らしいそうで、いつか歩いてみたいけど車の場合は車を停めた場所まで戻るのが結構大変そうなんです。

駒の姉さんはとても素敵な山ヤさんでした。

美人さんで明るく気さくで働き者でお酒も強そう

ご夫婦で駒の小屋を経営しているそうですが、この日若頭の旦那さんは下山していて会えずガッカリ

駒の姉さんは南アルプスで5年、尾瀬沼ビジターセンターで5年働いていたそうで、駒の若頭さんは尾瀬で7年、北アルプスで7年働いていたという生粋の山ヤ夫妻です。

下山したら、桧枝岐のミニ尾瀬に寄るといいよとか、お蕎麦は○○で温泉は○○でといろいろ教えてもらった中でミニ尾瀬の売店で売っている「サンショウウオジェラート」が有名だよ、から〜

「サンショウウオって食べられるんですか?」の話題になり〜の

ついには「これだよ。」と貴重なものをいただけることに

画像

サンショウウオの燻製というか、いぶしたやつで滋養強壮の効能があるそうです。

味?は無味でした。囲炉裏の香りなので、炭を食べているような(笑)

姉さんは、小屋での仕事がしんどい時にこれを食べて乗り切っているのだと

下山後、約5時間運転して帰るワタシにも「無事に元気に帰宅出来ますように」とくれました

画像

↑ イワイチョウ (今、この花が最盛期でした)

7:40 下山開始


画像

名残惜しく、何度も振り返りながら・・・


画像

美しいビンズイちゃんの囀りに後ろ髪を引かれつつ・・・

(この写真を撮った後、カメラのバッテリーがすべて切れてしまいました


画像

というわけで、ひたすら下山して9:40 無事下山


画像

10:00過ぎには【駒の湯】へ

時間が早かったので一番風呂の貸切り状態

ああ〜ええ湯じゃ(久しぶり)

が飲めないのが残念


画像

道の駅【番屋】で蕎麦と蕎麦がきの揚げたやつってのを食べて

駒の姉さんのくれたサンショウウオのおかげで16:30に無事帰宅


画像




*  *  *  *  * おまけ *  *  *  *  *

画像

2009年3月下旬の会津駒ヶ岳

雪が深過ぎて、山頂まで辿りつけませんでした

駒の小屋の屋根に登れるのはこの時期だけ(笑)

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。素敵な山でしたね!雷雨は小屋でお酒を楽しめとのおぼしめし、そして更なるご褒美はご来光也。あの辺の道路わきの水の中にはよく見るとサンショウウオがうようよ居たりします。でも、やっぱり口には出来ない小心者デス。
achisi
2017/07/19 23:36
achisiさん
おはようございます。早々にコメントありがとうございます
えっ!?あの辺の道路わきにはサンリョウウオがウヨウヨいるの!!!
見たい!見たい!見たい(笑)
翌朝になって駒の姉さんに聞いたんですが、この満月の夜に小屋前の雪渓上をサンショウウオがピョコピョコとたくさん出没して歩いていたそうなんです。
簡単に捕まえられるそうで、掌に乗せて「君のおかげで日々頑張れるよ。ありがとう」と言ったとか
姿がダメですか?(笑)まあ、私もカエルの唐揚げとかは口に出来ませんが・・・(笑)
これは抵抗なくいただいてしまいました。
karake
2017/07/20 06:35
素晴らしい山上の夜明けです。
ご来光に輝く燧ヶ岳の勇姿がたまりません。
お日様に感謝したくなる気持ち、分かります。
ヤマネって超かわいい動物ですね。
国の天然記念物になっているそうです。
たたいたり、つぶしたりすると大変なことです。
快適な気温の中、雪渓歩きは気持ちよさそう。
駒ヶ岳山頂での記念撮影には熊のぬいちゃんが一緒だったのに、いつの間にか遭難しちゃって…。
中門岳までの展望の素晴らしいこと!
そして、熊ちゃん、置いてきぼりになりました。
また、いつか捜索に行き、救出してあげてください。
ソロ登山、ご無事でなによりでした。
お疲れさまです。
トンキチ
2017/07/20 09:08
トンキチさん
コメントありがとうございます。
山の上の夜明けはなぜにこんなに素敵なんでしょう?言葉ではいい表せない色彩の変化にただただ見惚れるばかりでした。
ヤマネ、見たことあるんですか?八ヶ岳の山小屋にもヤマネが定住している小屋が
あるのでぜひ泊まってみたいと思いつつ未だ実現せず( ;∀;)
熊さんは突風に煽られ滑落した模様ですね(笑)
今年は秋にも絶対に行こうと思っていますが、それまでそこにあるかどうかですね(笑)本物の熊さんに見つかってしまうかもしれないし(笑)
karake
2017/07/20 12:30
わぁ〜山の日の出前って綺麗や。
静けさが遥か彼方まで続いてますもんね。
もう、ウットリトリトリ…

燧ケ岳って…
尾瀬の…やね。
東北地方の最高峰なんや!
東北の山って、ここもそうやけど、有名で雪深い山が多いから、標高もあるのかと思ってましたが、そうでもないんや。
ほんでも、こんなに雪渓があるんやから、スゴイ所なんやね。

あっ、朝食も自炊や。(当り前やけど)
又、カップ麺作ってる。
朝は、パンだけでイイやん。(^^)

エッ、ヤマネが来るの!
ヤマネ、メッチャ可愛いいのに、見れなかったんや。
冬眠する時は、まるまって眠るんよ。
縫いぐるみ、持ってるもん。
確か、テンプルさんも、同じの持ってたと思う。(^^)
でも、この貼紙スゴイ。
「たたいたり、つぶしたりしないでください」
って、ネズミやったら、そんな事するんや。(^^)

山頂標示での熊ちゃん、秋に行ったら、飛びついてくるかなぁ…
小屋のお姉さんが、保語してくれてたらイイのにね。
それにしても美人!
karakeさんより前に出て、膝を落として、少し身体を下げているとこなんて最高!(^^)

サンショウウオ…
イモリの黒焼きと同じや。
って、食べたこと無いけど。(^^ゞ
でも、これのお蔭で無事帰れたんや。
karakeさんのお蔭で、素晴らしい登山が出来ました。
お疲れ様。(^^)


エッ!屋根の上に登ってる!
どんな積雪やったんや!
yoppy702
2017/07/20 15:50
こんにちは。
すごくきれいな所でしゅねっ 景色が素晴らしい・・・
残雪が涼しさをイッパイ送ってくれましたぁ〜
また、カヤクグリはまだ未見でしたので、嬉しかったでしゅ
手縫いの熊さんは残念でしたが・・・
あれもこれも・・・自分のせい・・・熊さんが何かの身代わりになってくれたのかもぉ〜  ガックリもあるけどぉ〜 ナイス!…☆
デミ
2017/07/20 17:32
yoppy702さん
コメントありがとうございます。
山の上の夜明けって最高でしょ。日暮れも最高なんですけど、酒盛りしていて見そびれました
尾瀬の燧ケ岳です。ここより北(北海道も含む)にはこの山より高い山はないのです。雪深いのは決して標高だけではないのですね。
会津駒のある桧枝岐村は日本でも屈指の豪雪地帯なので、厳冬期だとよほどエキスパートな山ヤさんでも登れないほど雪がありますよ。
朝食はカップ素麺だけで、パンは食べませんでした。
かさばるジェットボイルをせっかく背負って行ったので使ってあげただけで(笑)
ヤマネ見たことあるんですか?ぬいぐるみを持ってるだけでしょ?
冬眠してるのなんて見られませんよね(笑)
今度、上高地に行くことがあったら私も買いますよヤマネ(笑)
ネズミでも私は叩いたりつぶしたり出来ませんけど、屋久島で泊まった避難小屋では夜中にネズミが大量に出没し、他の登山者(♀)は小屋の掃除用のほうきで叩いたり潰したりしてました
駒の姉さん美人でしょ?会いに行きたくなったかな(笑)
私より前に出て膝を落としているのは決して小さい私に合わせてくれてたわけではないと思います
姉さんもそんなに背の高い方ではないですから〜。
屋根の上に登った時の積雪は5m以上じゃないでしょうか。会津駒の山頂の道標って3mくらいあるんですが、この時期にはすべて雪で埋まっててどこが山頂だかわからないそうなんです。で、5月頃になるとやっと座るのにちょうどいいくらい道標が出るってことで、私は会津駒の道標に座るのが長年のあこがれなんですが、まだ実現出来てません
karake
2017/07/21 07:28
デミしゃん
いつもありがとうございましゅ。
カヤクグリ・・・未見なんでしゅね。この鳥は高いところにしかいないと言われてましゅからね。でも、冬場は里山辺りにも降りてくるようでしゅから、いつか会えるといいでしゅね。ちょっと生意気そうな顔してましゅよ(笑)
でも、囀りはとっても美声です♪
そっか、熊さん身代わりかぁ・・・南無〜(笑)
karake
2017/07/21 15:09
こんにちは〜♪

山頂でのご来光 素晴らしい眺めですね

今回もkarakeさんのブログで山の気分を

味あわせて戴きました

私が最後に登ったのは若き日に雲取山が最終

山は好きなんですが体が

ゆうことを聞いてくれません

もっぱらバ〜チャル登山(~_~;)


サンショウウオ 私も食べられません

怖い顔してるんだもん
H.R
2017/07/23 14:07
ヤマネね。
リスのようなモルモットのような可愛いやつが
訪問してくるわけね。
眠っている間にkaraちゃんの近くにきたかまもよ。
素晴らしい写真だね。
山の姿は色々着替えしてくれるからハマるのが
分かる気がします。
お二人とも美人で絵になりますね。
暖簾の言葉、本当好きな人はそうでしょうね。
日の出のアートも残雪も素晴らしかったです。
サンショウウオですか。
食べることができるのです。
びっくり・・・
屋根の上の万歳なかなか良い写真だし
できない体験だね。
良かったです。
ありがとう。
山ちゃん
2017/07/23 17:44
こんにちわ^^

駒ヶ岳、前後編面白く読ませていただきました。

昔、子供の頃父に連れられて、登山とかキャンプにも行きましたので、
清涼な山の空気、景色、変わりやすい天候、懐かしく思い出します。
サンショウウオって、天然記念物(だったような?)なのに、強壮剤として利用もされるんですね

カラケさんはお孫さんがいるとは思えないほど可愛くてキュートでいらっしゃる
yoppyさんがいじりたくなる気持ちもわかります

これからも楽しく読ませていただきます
ちいかめ
2017/07/24 14:07
H.Rさん
コメントありがとうございます。
雲取山に登ったことがあるんですね。東京都の最高峰ですね。
身体がいうことを聞かないと仰いますが、風邪を引いたことがないって方がすごいですよ!足腰も大事だけど、内臓が丈夫ってのも宝ですよ
サンショウウオ、いぶされてしまうと顔もわかりませんよ(笑)
karake
2017/07/24 15:05
山ちゃん
コメントありがとうございます。
そう、ヤマネ寝ている間に近くにいたかもね(笑)
屋久島の避難小屋でネズミが寝袋の上を歩いて行ったのは嫌だったけどなんでネズミだけは嫌われるんでしょうね(苦笑)
屋根の上にまた乗りたいんですが、雪山はひとりじゃ行けないからね。
今、近くに雪山にも登る山友がいないので寂しいかぎりです
karake
2017/07/24 15:13
ちいかめさん
訪問&コメントありがとうございます。
サンショウウオは確かに絶滅危惧種で天然記念物なんですが、日本にも数種類いて【ハコネサンショウウオ】ってヤツは捕ってもいいそうなんですよ。
筑波山にもいっぱいいるらしい。
yoppyさんが私をいじるのは可愛いからではなく(笑)
単にいじるのが好き(笑)いろんな人のブログでいじりまくってますよ(笑)
関西のおっちゃんだから・・・でも、ちいかめさんのブログでは普通なような・・・
そっちの方が怪しいですね(笑)
これからも気が向いたときでいいので遊びにいらしてくださいね
karake
2017/07/24 15:19
私がブログ開設当時のままの
スタイルを保っているね。
山生活ではなく、女性の姿形
これからも、ずっといけそうだね。
山ちゃん再
2017/07/26 10:33
山ちゃん
再びありがとう
いやいや、微妙にスタイル崩れてます(トホホ)
なので、ブログに載せる写真も年々遠巻きに(笑)
アップは載せないようにしています(笑)
まぁ、太りやすい体質だと思ってますが、大人になってから急激に太ったり痩せたりはないので、このままでいいかと(^-^;
karaek
2017/07/27 15:06
綺麗な星空が見れて、ご来光を仰げて、おまけに中門岳への道中の景色の素晴らしいこと!!
山頂を極めたときにこんな素晴らしいことが待ってるのなら「金もいらなきゃ出世もいらぬ。山さえ登れりゃご満悦。」の心境がわかるような気がします。

ひゃっ!一緒に登山してきた熊さんが行方不明って!
2回目の写真で既に熊さんがいなかったのを見て吹き出しましたよ。karakeしゃん、かわゆい〜
かわゆいといえばコロンコロンのカヤクグリがかわゆいですね。激かわ♪

ヤマネが小屋にあそびにくるなんて!
yoppyさんのブログでヤマネのぬいぐるみを初めて知って私も上高地で買ったのですが本物もかわいいでしょうね〜。
ヤマネが見たかったって駄々をこねてるみたいでkarakeしゃんもかわゆいですぅ
テンプル
2017/07/27 15:16
テンプルちゃん
コメントありがとでしゅ
山の上で泊まるって、普段の日帰り登山より2倍も3倍もお得感があるのです。
日の入り、星空、ご来光・・・さらにはこの小屋ではヤマネ(見られなかったけど)。特にこの山は山小屋もこじんまりと少人数制なので、翌朝のご来光は小屋に泊まったひと限定のような優越感もありました。

大雑把でとぼけているので、忘れ物はしょっちゅうなんでしゅ登山することに関しては特にソロの時は注意力半端ないんですが・・・忘れ物に関しては・・・別に命に係わることもないし、なんて(笑)
次回、行くまでに熊さん待っててくれるでしょうか
わたしも早く上高地でヤマネのぬいぐるみを買いたいでしゅ〜
karake
2017/07/28 15:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
会津駒ヶ岳A日目 karakeの花鳥風月山話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる