karakeの花鳥風月山話

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当にあった○○話

<<   作成日時 : 2016/10/16 16:56   >>

トラックバック 0 / コメント 12

もう・・・1週間以上前のことですが

10/8(土)

いつものガマPを4:50出発 223回目の筑波山でのこと

日の出が5:30頃なので、しばらくはヘッドライトで

白雲橋コースを40分ほど歩いたころ・・・

画像


薄暗闇の中でイノシシの雄叫びのような声が近くでして

前回、キャンプ場コースでイノシシを初めて目撃したばかりだったので

今度は突撃されちゃうのかと、ちょっとビビッて息を潜めて歩いた。

奇声はすぐにしなくなって、ホッとした時

ふいに左腕(前腕)を誰かに掴まれて・・・

えっ?!と振り向いたけど、誰もいませんでした


画像


なんかなぁ?

なんだったの?

【本当にあった怖い話】ではないのよ(笑)

本当に不思議に全く怖さは感じなかったのです

でも、たしかに腕を掴まれた感触が残っていて

しばし、自分の左腕を眺めたり触ったりしていました

幽霊の手だったら、冷たい感触のような気がするんですが(幽霊に触られたことがないのでわかりませんが)

生身の暖かい手で掴まれたぬくもりがしばらく残っているような感じでした


画像


早朝で、ワタシの頭がまだ眠っていて、歩きながら寝ていて、一瞬の夢を見てたのでしょうか(笑)

ま、でも『ゾッ』としなかったので、幽霊だとしてもワタシに好意的な幽霊だったことにしましょうかね(笑)

幽霊ではなく、筑波山の神様だったかもしれないと・・・

そう思うと神様に触れてもらえたことはラッキーではないか

画像


だいたいワタシは霊の存在というものを信じていないので

目に見えないものに恐怖を感じたりしたことがないだけかもしれないけど

この事を、YAMAPというアプリの活動日記にしるしておいたら

筑波山によく登っているらしい人から

「夜は白雲橋から登らないと決めました」というコメントが入ってました(笑)


画像


ブロ友の皆さんはどう思いますかね?

やっぱり、怖い話ですかね?

自分勝手な思い込みだと思うのですが、ワタシは筑波山には護られていると

ずっと感じてきたので、真っ暗な中をたったひとりで登ってても怖くはないんです

イノシシが突進してきたら怖いですけど・・・(笑)

というわけで、この翌々日も暗いうちから筑波山に登りましたが、何事もありませんでした

しかし、筑波山で初めての不思議な体験だったので、ここに記しておかねばφ(..)メモメモ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、それは筑波山の神さまだと思います。
Karakeしゃんは気付いてないだけで、腕を掴まれた、ほんのわずかな間、歩みを止めたでしょ?
その、ほんのわずかな間も歩き続けていたら、イノシシに遭遇してたのだと思う。
神さまが助けてくださった。護ってくださった。
筑波山の神さまと、山の木々の精霊が護ってくださった。
そう思います。
な〜んて云いながら、びっくりさせてごめ〜ん。
私の手、温かったでしょ
テンプル
2016/10/16 17:46
読みながら、鳥肌が立ってきましたぁ〜
やっぱ・・・幽霊だよぉ〜
オイラも見た事ないけどぉ〜、オイラは見えないもの方が怖いアルヨッ
腕掴まれて生温かい間食が残ってるぅ〜・・・それだけでブルブルでしゅ
オイラは暗いとこと、女性の多い所は絶対ダメでしゅ・・・
あっ綺麗な花を見逃すとこだったぁ〜 最後の花は綺麗な色でしゅねっ
オイラはやっぱぁ〜綺麗なものが合ってるのかなぁ〜 ナイス!…☆と笑
デミ
2016/10/16 22:07
こんなお話聞いたら、もう、ヘッデンで一人歩きでけへんやん。
なので、「テンプルさんのコメントに一票」にしときます。(^^ゞ
筑波の山の神様が、腕を掴んで、イノシシの突進から護ってくれた。
そういう事にしとこっと。
でも、イノシシが突進してきても、karakeさんは跳ね返してたと思う。
鉄人28子ちゃんやから。(^^)
六甲は、イノシシが多くて、山の中だけでなく、住宅地にも出没するけど…
ここんとこ、筑波山でのイノシシネタが、よく登場してるって事は、筑波山にイノシシが増えてきたのかなぁ…
それで、食べ物を探しに、人の近くにも来るようになったんかなぁ…
≪筑波のイノシシさんへ≫
  karakeさんには、絶対に近寄っちゃダメだよ。
  危険やからね。(^^)

あっ、バルタン星人。
今年は、六甲高山植物園に観に行くの忘れてた…
yoppy702
2016/10/17 11:30
ひえ〜!
読んでぞっとしました(^^;
テンプルさんに一票です!(^^ゞ
やまや
2016/10/18 01:16
karaちゃん久しぶりです。
慣れているとは言え暗いうちから、女ひとりで大丈夫
ダンナ様は心配しないですか。
言われても、言うこと聞かないか。
でも、怖い話ですね。
私は夜の山は怖くて入れません。
目的がないからね。
karaちゃん、強い
もしかして濃い髭が
山ちゃん
2016/10/20 10:06
テンプルちゃん
一番乗りでコメントありがとう。
そっか、わずかに歩みを止めたために災難を逃れたって、リアルに実感しました。だって、この先には生々しく猪が掘ったばかりと思われる形跡が登山道のすぐ脇にあったので、誰かに手を掴まれてなかったら猪に襲われてたかもね。
・・・って、手を掴んだのはテンプル妖精だってか(笑)
その発想好きだわ(笑)
karake
2016/10/23 22:10
デミしゃん
やっぱり女より男の方が怖がりでしゅね(笑)
女性が多いところが絶対ダメって・・・嘘つきでしゅね(笑)
綺麗な女性には吸い寄せられちゃうんでしょうね(笑)
karake
2016/10/23 22:14
yoppy702さん
誰が鉄人28子やねん(笑)
イノシシを跳ね返えす腕力ありましぇん。
暗闇とか幽霊とかより野生動物の襲撃のが怖いでしょう
幽霊に殺されることなんてないけど、イノシシに突撃されたら死ぬかもしれないもん。六甲のイノシシは人慣れしているようだけど、筑波山のイノシシはここ数年で増えた感じで、昼間には絶対出てこないので人には慣れてないので怖いです。
アケボノソウ、来年は一緒にみろくの森に見に行きましょ
karake
2016/10/23 22:19
やまやさん
え〜(笑)
たったひとりで山でテント泊とかできるやまやさんが幽霊が怖いはずがない気がするんですが(笑)
湊かなえの小説ほど怖くないです(笑)
karake
2016/10/23 22:22
山ちゃん
お久しぶりです。
コメントありがとうです。
旦那は心配などしません、言われても言うこと利かないですから(笑)
私も夜の山は怖いですよ。筑波山以外の山には暗いうちには絶対に行きません。
筑波山は200回以上登っているので安心感が違うんです。
髭は生えてません
一応、どこから見ても女には見えるかと(笑)
karake
2016/10/23 22:27
怖いと感じなかったのなら、それがどんな存在であったとしても
karakeさんにとっては、決して悪い出来ごとじゃなかったんだと思います。
大自然の中で大自然の存在に触れたんだと思います。

イノシシでなくてホント良かったですね!
ゆた
2016/10/24 21:45
ゆたさん
大自然の存在に触れた・・・?ゆたさんらしい素敵なコメントをありがとう。
山に纏わる怪談とかってたくさんありますけど、自然の中には摩訶不思議な現象が多々あるだけのことかもしれませんね。
イノシシが増えているみたいで、そっちの方がずっと怖いこのごろです。
karake
2016/10/31 15:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当にあった○○話 karakeの花鳥風月山話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる